貸し会議室を利用する

貸し会議室とは

時間単位でレンタルできる会議室のことで、「会議室」とある通り、普段は会議や打ち合わせに利用することが多いです。
最近では、個人スクールでレッスンを開催するために利用したり、誕生日会や女子会で利用したりと、企業だけではなく個人でレンタルすることも増えました。

似たようなサービスにレンタルスペースがありますが、利用できるバリエーションに違いがあり、貸し会議室は会議を想定しているため、シンプルな個室空間がほとんどです。
レンタルスペースは調理スペースやスタジオなど、用途に合わせた設備が用意されています。

貸し会議室のメリット

貸し会議室・レンタルスペースなら【AP貸し会議室】貸し会議室は、主に企業が利用することが想定されているので、アクセスしやすい場所に多くあります。
地方から集客するイベントの利用でも、参加者はアクセスしやすく主催者側の移動時間も短縮可能です。

参考@貸し会議室・レンタルスペースなら【AP貸し会議室】

尚、この貸し会議室のように、プロジェクターやマイク、スピーカーなどの設備があれば、プレゼンで使えますので、個人で準備するにはコストのかかる備品が使えるのは大きなメリットですね。
企業によっては、利用頻度の少ない備品を揃える必要がないので、コスト削減にもつながります。
また、お弁当や飲み物を手配してくれるオプションサービスが利用できる貸し会議室もあり、色々な手間を省けます。

貸し会議室のタイプ

貸し会議室のタイプは様々で、用途に合わせて選べるというのも大きなメリットです。
ここでは、いくつかの貸し会議室のタイプをご紹介します。

ビジネスタイプ

東京駅や渋谷駅、池袋など主要駅にあるスクール型の会議室です。
部屋の広さは10人程度から100人を超える規模まで対応しているところが多く、会議や打ち合わせ以外にセミナーやイベント、研修に向いています。
プロジェクターや音響設備などの備品も揃っています。

カフェタイプ

コーヒーショップのような貸し会議室もあります。
ビジネスよりもカジュアルな雰囲気で利用できるのが好評。
コーヒーを飲みながらイベントや勉強会、セミナーに向いています。

シェア会議室

ビジネスタイプほどの大きさではなく、一般の企業の会議室くらいのスペースで利用できるのがシェア会議室です。
会社の会議室が少なく、埋まって使えない場合や違う環境で会議をしたい場合など気軽に利用できます。
利用できる価格が安いのが特徴です。

貸し会議室の選び方

貸し会議室を利用する際は、参加人数や予算、催しの内容によって最適なところを選ぶようにしましょう。
会場の規模は参加人数に応じて、適切な広さやアクセスのしやすさを考えます。

また、オプションは追加料金がかかるため、利用するかは予算と相談をして決めます。
利用日が早い段階でわかっていると早割のサービスを利用できるところもありますので、事前に確認をするといいですよ。

今はインターネットから空き状況をチェックできるので、用途に合わせて早めに予約しておくといいでしょう。